【水天宮前園】髙津健太先生インタビュー

【水天宮前園】髙津健太 先生(中途入社)

保育士を目指したきっかけは?

昔から、人に喜んでもらう仕事につきたいとずっと思っていました。保育士の仕事のイメージは、子どもを目の前でずっとみているのは大変そうだし、先生方はすごいなあと漠然と思っていました。

そんななか、伯母が長年保育士をしていたこともあり、話を聞く機会がありました。話を聞くうちに。子どもと密接に関わることができる保育士という仕事に興味が出て、保育士を目指しました。

実際に保育士になってどうですか?

それはもう楽しくて、保育士という仕事にハマってしまいました! 自分に向いているんだなと思います。

男性保育士ならではの苦労などはありますか?

保育士を目指して保育学生をしているときに、カリキュラムの一環で保育園に研修やボランティアに行くというものがありました。そのときに「男性だから」という理由で断られた園もあって…。

心が折れかけたこともありましたが、保育学生時代の先生方が「絶対にあなたは保育士になった方がいいから!」とすごく応援してくれたので、頑張れました。

キッズラボは男性の先生や施設長も多く、性別関係なく活躍できるフラットで働きやすい環境だなと思います。

まだまだ世間では、男性保育士は珍しいかもしれません。だからこそ、自分みたいに真面目に保育に向き合い、子どもたちと生き生きと過ごしている男性保育士もいるんだよ、ということを見てもらえるようにしていきたいです。

数ある保育園からキッズラボを選んだ理由は?

社長が保育士ということをホームページで見て、保育者が働きやすそうな環境だなというのが興味を持ったきっかけです。

保育士転職のサービスに相談したときにも、「キッズラボさんとてもいいと思うよ」と紹介してもらいました。

実際に園見学や面談をするなかで、園ごとに自分たちで保育環境をつくりあげていける風土が自分に合っているなと思い、応募・入社にいたりました。

入社してから大変だったことはありますか?

水天宮前園本園は今年オープンの新しい園なので前例がないことが多く、戸惑うこともありました。あれこれ新しいことを試したり、まわりの先生方に聞いたりしながら頑張っています。

正直大変なこともありますが、新しい取り組みや改善のしがいがあるので、やりがいを感じています。

基本的にクラスの担任はペアの先生と2人体制で動けていたので、それがすごく心強かったですね。

キッズラボで働いていて楽しいこと

子どもたちがとっても可愛くて、毎日楽しいです。もともと体を動かすのが好きなので、体を動かす遊びを子どもと一緒にたくさんさせてもらっています。

入園したての頃は泣いていた子どもたちが、だんだん園に慣れていく様子を見るのも、とても嬉しいですね。日々の保育のなかで子どもたちが変わってく姿を目の当たりにしているので、とってもやりがいを感じているところです。

もちろん大変なこともありますけど、子どもたちとの日々が本当に楽しくて、たまに仕事であることを忘れそうになるくらいです。笑

就職・転職活動中の保育士さんに一言

キッズラボでは行事や一日の過ごし方が各園ごとに異なり、これをやらなければいけない!というカリキュラムがありません。

自分の経験をいかしつつ、色々な人の意見も取り入れながら、子どもたちに寄り添った保育ができるのでとても面白いです。

みんなで話し合い、決められる楽しさがあり、園づくりに携わっていることを実感できますよ。

採用情報

お気軽にお問い合わせください

見学・相談・応募はこちら