保育理念・目標

保育理念

生きる力をはぐくむ

思いやりの気持ちの芽生えと、
個々のやりたい気持ちを大切にしながら、
自己肯定感を育み、
子どもたちの意欲・興味関心を
伸ばす保育園を目指します。

地域とのかかわりを大切にし、
職員は子どもたちに
「大きくなったらこんな大人になりたい!」と
感じてもらえるような姿や
生きる楽しさを率先して伝えていきます。

保育目標

1.一人ひとりの個性を認め
自己肯定感をはぐくむ

生涯を通し、最も大切で全ての力の源泉になるもの。
それが、自己肯定感だと私たちは考えます。

新しいことや少し難しいことにも挑戦する意欲につながる力。
うまくいかない時や苦しい時も「大丈夫」と自分を信じる力。
失敗や自分の弱さを受け止め、乗り切る力。
他者を信じ、信じあえる関係を造る力…。

そんな『生きる力』の土台となる自己肯定感は、ありのままの姿で認められ、尊重され、愛される日常で育まれます。

私たちは、一人ひとりの姿を個性として認め、園全体で愛情をもってその育ちを支えます。

2.原体験を通じて豊かに
生きる力の基礎をつくる

人はなにかを考えたり、興味関心や意欲を抱くとき、それまでの経験が土台となるもの。
様々な体験を重ねることは、小学校以降の学びで、近年特に取り上げられる「自ら学ぶ姿勢」にもつながります。

原体験は、自ら見て、聞いて、触れて、その刺激から新たな興味を抱き、自ら考え、やってみて、その成功や失敗でまた考える…その繰り返しが五感を使って行われています。

普段の保育のなかにも原体験はあふれていますが、より深く、より豊かな体験を求め『原体験バス』を導入。
子どもたちによる話し合いで行き先を決め、自然のなかでおもいきり原体験を楽しんでいます。

自分でやりたいことを見つけ、方法を考え、やってみる。
たくさんの失敗と、成功した達成感、共に喜ぶ仲間の存在。
『生きる力』の基礎となる、その経験を数多く重ねていきます。

3.自分のことば・意志で
自分を表現する力をやしなう

自己肯定感が育まれる環境で、多くの原体験を経験すること。
それは、自分のありのままを表現できることにつながります。

子どもたち一人ひとりが自分らしく生きるためには、自分がやりたいこと・自分の想いを、自分の言葉で言えることがその第一歩となるでしょう。
そのためには、周囲との関わり(他者との関わり…他者との認めあい、コミュニケーションなど)が不可欠です。
自分の素直な気持ちと行動が一致して、はじめて周囲のなかで実現につながっていきます。

キッズラボでは、子どもたちで原体験バスでの行き先や行事を考えるなど、自分の意志で行動する機会、話し合う機会を多く取り入れています。
子どもたちの発案を最大限叶えるべく、職員はその都度頭を悩ませ、知恵を寄せ合い、子どもたちの努力やチャレンジを大切にしています。

採用情報

お気軽にお問い合わせください

お問合せはこちら