<戻る お問い合わせ

就職先を考える時、HPやパンフレットを見つつ・・・おそらく一番気になる「で、ホントはどうなの?」という疑問。 そこでH30年4月に開園した矢口渡駅前保育園の先生方で、座談会を実施。実際のところを聞いてみました!


矢口渡駅前保育園の先生方

座談会開催中の終始笑いっぱなし^O^
風通しの良さ、人間関係が良いのが自慢!

年齢、役職関係なく自分で思っていることを言いやすい雰囲気はありますね。

新園だから皆でどういう風にしていくっていうのを固めていく状態で、私は今とても居心地がいいっていうか。やりやすくやらせて頂いています。

職員が本当に仲がいいと、他の担任の子どもたちのこともよく分かる。
風通しがいい分働きやすいし、子どもたちのことも分かるし、そして保護者のことも知れるんですよ。

残業しない、は可能です!
「自分が帰りたいから(笑)」声をかけあい、皆が定時退社♪

めっちゃ時間で帰ってる(笑)

クラスのことしか専念しないでいいっていう環境でやってくださってて、時間がほんと有効に使えているなって思いますね。

なんか皆が他のクラスのことも考えて動いてくれているって気がします。

(転職前は)こんなにちゃんと休憩とれていなかったので…休憩も取れるし書類を書く時間ももらえるし、こんな時間のゆとりが持てていいんだろうか(笑)

未経験、ブランクがあっても安心。
育てよう!という土壌があります。

こういうことがやりたいっというと上の先生方が「いいと思うよ」ってすごい受け止めてくれる!
幅広い年齢層の方がいるのでいろんなアドバイスを頂けて、すごく勉強になりますね。

先生方の伝え方がとても上手ですよね。だから言われた方も嫌な思いをしなかったりとか、すっと入ったりだとかしているのかな。

先生方皆が、出来なくても何度でも教えてあげるって感じだから1年目でも過ごしやすいのかな…とも思います。

年間休日129日、誕生日休暇もあり!
もちろんその他に有休もしっかりとれてます♪

シフト作成で全員分の希望を聞いてくれるので、ここ休みが欲しいよとか基本的に必ず言える機会があるんです。 皆がそういう機会があればとりやすいですよ!

(若手だけど)休みを取る時、全然臆していない(笑)

休みは(モチベーションに)入りますよね・・・やっぱ休めないと段々疲れちゃって。

お昼ご飯の心配、朝の準備や経済的な負担を軽減!
美味しい職員食を毎日提供

(子育て中なので)ほんとに助かりますね。有難いです。

むしろ給食で育ってる(笑)
一人暮らしなんで。栄養分を取らして頂いてます。

子どもたちも、先生も、夜はおうちでゆっくり過ごしてほしいから。
全ての園が19時半閉園!

お子さんの為にも19時半ていいなって。今のお子さんたちって長い間預けて頂いているので、やっぱりおうちに帰ってほしい。

19時半に終わるって書いてあったのでここを選びました。
他のところは20時半とか、21時とか。帰ると結局22時とかくらいになってしまうので…。

19時半におわったらサッと帰りますね。(異動前の)西馬込園も、ここも。(19:40には)もういないくらい。

子育てされてる先生方は家に帰ってから家事を…って考えると、19時半MAXじゃないかな

子育て中にはホントありがたいですね。

運営保育園は全て駅に近い立地!
ほとんどが駅徒歩5分以内なので通勤も楽々。

(傘を)さすほどの距離じゃない。小雨だったら走ってれば30秒で入ってます。

夏も汗かかないで通勤できたんですよね。自宅から駅まで自転車で、すぐ電車に乗って、すぐ着くから、暑い思いしないでこれてすごい楽でした。

全員の先生が全員の子どもも保護者も分かる。
その秘訣は、休憩室の様子にあり!

休憩とかちょっとした時に悩みを言って、一緒に子どものことを考えられるっていうのがいいなって思います。

職員の仲が良い分、先生たちがもう…子どもの話をしたいんですよ。自分の担任の子どものかわいいところを言いたいんです。その話で持ちきりだと、やっぱり他クラスの子のことも分かりますね。

皆でこう…作っていってるな、っていうのをすごい感じる。それを楽しんでやってるな、っていう実感がありますよね。

『一人1人を大切に』
みんなが絆と思いやりを持ち合える保育園を目指して。

以前(転職前)は「こうじゃなきゃいけない」っていうのがあって…今は「こうじゃなきゃ」っていうのはないし、皆でどういう風にしていくっていうのを固めていく状態でとても居心地がいいですね。

私は以前幼稚園で。日中の4時間くらいの中で活動がぎゅっと縮まっていて、決められたものをこなしていくっていう形だったんですけど…。今は長い時間の中で子どもが好きなこと、やりたいあそびとか子どもが興味を持つようなものを考えてできてますね。

皆おっきな声で皆を動かすとか、否定語で止めるとか叱るとかいうのじゃなくて、その子にあった、発達にあった、性格にあった声かけができたり、サポートができたり、っていうのが一番の理想で。
自分も完璧ではないし、その方法を先生たちに明確にも言えないんだけれども、施設長としてやるからにはそこは譲れないなって思いますね。

私はやっぱ少人数っていうのがすごい嬉しいな、って思って。風通しがいいっていうのもあって、全員の先生が全員の子どものことも分かるし、保護者のことも分かるし。

保育のことを一生懸命考えているからこそ普段から話題もお子さんのことになり、そこから真剣にじゃあどうしたらいいかっていう話につながっていく…っていう関係が自然とできてきたんですね。


安心して長く働ける会社でありたい。
退職金や誕生日休暇、職員食、家賃補助…全ての取り組みはそのため。
実際にあなたの目で見て考えてみてください。